この講義について

相澤理×佐藤総一郎『2019東大国語について』

『2019東大国語について』

    佐藤 総一郎

    河合塾講師。山梨予備校にも出講。中央大、北海道大を経て、早稲田大学大学院文学研究科修了。大学時代から予備校に関わり、進路指導や模試の採点者などを経験する。講師となった後は全国模試の作成や大学入試の解答速報も担当。それらの経験から「問題には必ず合理的な根拠があり、フィーリングやセンスで決まるわけなどなく、ましてや特別な方法などあるわけがない」という確信を強めていく。講義は「明快に根拠を示すこと」「実際の入試の現場で自分でできること」を意識し、実際の入試問題を用い「あくまで未知のものを基本に忠実に探し読む」というスタイルで展開。講習会では大教室で満員となることも多く、高校などでの講演や課外授業も多数行なっている。