• とらますく

プロフィール
現役医師・医学者。生物の網羅型講義動画を日本一早く完成させて生物学習者に光明をもたらし、全国から絶大な支持を受けてきた。
以後も無料系Web学習界のパイオニアとして第一線を走り続け、その独特の立ち位置から日本の教育の理想のあり方を追う。
代表著書に「本当の『勉強法』を知りたくないか?」、また自身のHPやYoutubeチャンネルで、勉強法や英語学習動画の公開も行っている。
医師らしい落ち着いた話し口、また初学者を決して取りこぼさない丁寧な解説、そしてハイレベルな実力を養成する濃密な講義を堪能すべし。
講義情報
721コマ
コース別
Dr.とらますくの生物導入
約39時間41分 対象:高1~受験生

生物の全範囲を網羅しています。
Dr.とらますくのパーフェクト生物 イントロダクション
8:55 イントロダクション
Dr.とらますくのパーフェクト生物 1 細胞と分子
8:46 01科学的研究
5:13 02顕微鏡の種類
2:42 03分解能
3:13 04分解能の理論
2:04 05電子顕微鏡
6:05 06ミクロメーター
4:38 07顕微鏡の操作
2:08 08固定
4:48 09染色
2:26 10生物の多様性
4:10 11生物の共通性と連続性
2:44 12生物の共通性
2:39 13無生物
2:10 14生物の進化
2:22 15系統樹
3:51 16進化のしくみ
4:21 17細胞
3:15 18細胞の例
3:00 19細胞の大きさ
5:37 20単細胞生物
2:38 21単細胞生物の細胞小器官
4:00 22多細胞生物
2:58 23細胞群体
1:53 24生体の構成元素
0:46 25細胞の化学組成
3:15 26水の特徴
2:09 27アミノ酸とペプチド結合
3:15 28ポリペプチドの立体構造
1:52 29タンパク質の変性
1:30 30必須アミノ酸
2:03 31分子シャペロン
3:42 32質量分析法
3:31 33炭水化物
5:01 34脂質
3:39 35無機塩類
2:36 36原核細胞と真核細胞
2:45 37原核細胞と真核細胞の比較
2:28 38原核生物
3:12 39古細菌と細菌
3:19 40植物細胞と動物細胞
4:02 41膜構造
18:48 42細胞の構成要素
2:41 43アメーバの実験
5:34 44カサノリの実験
1:20 45細胞壁の除去
5:24 46細胞小器官の分離
6:02 47浸透圧
4:40 48赤血球形態の変化
8:24 49植物細胞における力のつり合い
8:37 50植物細胞における力のつり合いのグラフ
2:00 51原形質分離
2:59 52選択的透過性
1:45 53受動輸送,能動輸送
1:43 54受動輸送
2:31 55能動輸送
4:25 56ナトリウムポンプ
1:43 57エンドサイトーシス,エキソサイトーシス
2:06 58細胞骨格
1:11 59原核細胞の細胞骨格
3:30 60細胞の情報伝達
2:05 61細胞接着
4:27 62細胞間結合
1:28 63動物のからだ
1:53 64動物の組織
3:24 65上皮組織
3:41 66結合組織
3:27 67筋組織
2:51 68神経組織
1:37 69皮膚
5:05 70小腸
3:49 71動物の器官系
2:10 72植物のからだ
4:39 73分裂組織
7:30 74植物の組織系
3:49 75双子葉植物の横断面
2:22 76単子葉植物の横断面
2:19 77双子葉植物,単子葉植物の特徴
3:41 78植物の器官
5:59 79葉,根,茎の断面
2:00 80分化した植物細胞
Dr.とらますくのパーフェクト生物 2-1 代謝(基礎)
2:46 01代謝とエネルギー
0:58 02ATPとADP
2:45 03ATPの構造
1:34 04ATPの利用法
1:38 05エネルギーの通貨
2:33 06酵素
1:19 07カタラーゼ
0:48 08酵素の合成
2:49 09酵素の所在
4:33 10酵素の特性
0:52 11酵素反応の過程
1:50 12最適pH
3:15 13酵素反応の速度
1:57 14補酵素
1:50 15炭酸同化
1:36 16光合成をする生物
2:13 17光合成が行われる場所
4:57 18光合成研究の歴史
5:40 19チラコイドでの反応
5:09 20ストロマでの反応
2:06 21光合成の全体式
1:36 22限定要因
5:12 23光の強さと光合成速度
2:45 24温度と光合成速度
1:33 25二酸化炭素濃度と光合成速度
3:18 26呼吸
1:30 27呼吸反応が行われる場所
2:20 28解糖系
4:05 29クエン酸回路
4:18 30電子伝達系
1:19 31呼吸の全体式
3:58 32アルコール発酵
1:08 33乳酸発酵
2:34 34解糖
2:26 35共生説
2:17 36共生説の根拠
8:30 37窒素同化
4:49 38窒素固定
3:45 39生物の栄養形式
1:23 40植物の不可欠元素
1:13 41肥料
2:13 42最少律
1:38 43植物の一次同化,二次同化
2:14 44転流
3:46 45同化物質の貯蔵
2:01 46動物の三大栄養素
7:08 47動物の五大栄養素
3:48 48消化器官
1:08 49機械的消化
4:06 50化学的消化
2:58 51ペプシンの実験
4:14 52消化酵素
2:11 53栄養の吸収
2:38 54動物の二次同化
Dr.とらますくのパーフェクト生物 2-2 代謝(発展)
2:59 01酵素研究の歴史
3:30 02生体内の酵素
5:27 03補酵素の実験
1:45 04競争的阻害
3:12 05アロステリック効果
2:12 06Km値
3:10 07阻害とKm値
1:18 08外呼吸,内呼吸
3:07 09好気呼吸の化学反応式
1:08 10クエン酸回路
1:47 11ATP合成酵素
3:24 12脱水素酵素の実験
1:43 13発芽種子の実験
1:17 14代謝水
4:34 15呼吸器
1:58 16発酵の化学反応式
0:45 17腐敗
1:48 18パスツール効果
1:58 19酵母の実験
12:52 20呼吸と発酵に関する計算問題
3:12 21糖以外の呼吸基質
3:01 22呼吸商
4:07 23呼吸商の計算問題
6:01 24呼吸商を求める実験と計算問題
1:58 25光合成色素
3:55 26各生物の光合成色素
3:54 27吸収スペクトル,作用スペクトル
2:41 28クロマトグラフィ
4:14 29光合成反応の研究の歴史
1:18 30チラコイドでの化学反応式
1:05 31ストロマでの化学反応式
1:25 32光合成産物のゆくえ
2:03 33呼吸と光合成の共通性
6:22 34C3植物,C4植物,CAM植物
4:30 35光合成に関する計算問題
2:17 36光合成細菌
2:54 37化学合成細菌
0:45 38光合成と化学合成
Dr.とらますくのパーフェクト生物 3-1 遺伝情報の発現(基礎)
4:30 01遺伝情報とDNA
1:48 02DNAの特性
10:32 03メンデルの実験
10:31 04モーガンの実験
1:15 05肺炎球菌
2:49 06グリフィスの実験
2:16 07エイブリーの実験
2:33 08T2ファージ
4:25 09ハーシー,チェイスの実験
2:01 10DNA
2:04 11ヌクレオチドの構成
1:42 12DNAの塩基
1:56 13DNAの構造
2:00 14二重らせん構造
2:09 15DNAの抽出
3:56 16DNAの計算問題
2:49 17DNAと染色体
2:47 18原核細胞のDNA
3:20 19核型,核相
3:50 20細胞周期
2:06 21体細胞分裂とDNA量変化
1:02 22DNAの自己複製様式
2:06 23半保存的複製
5:56 24DNA複製の詳細
7:18 25半保存的複製の証明
1:07 26細胞分裂
4:20 27体細胞分裂
3:00 28核分裂
1:58 29体細胞分裂様式の比較
6:39 30減数分裂
4:14 31相同染色体の配分
2:07 32減数分裂とDNA量変化
1:35 33有性生殖,無性生殖
3:09 34無性生殖の例
2:28 35配偶子の例
2:24 36単為生殖
1:37 37細胞分裂の比較
2:38 38有性生殖と無性生殖の比較
2:38 39アオミドロの生殖
2:11 40遺伝情報の発現
3:24 41タンパク質
3:27 42RNA
2:45 43トリプレット
3:13 44開始コドンと終止コドン
1:46 45転写
1:57 46転写とDNA自己複製
3:24 47翻訳
6:49 48タンパク質合成の詳細
2:45 49クローン動物
4:18 50唾液腺染色体
2:02 51遺伝子発現の調節
4:57 52幹細胞
4:00 53遺伝子とゲノム
3:17 54テーラーメード医療
4:34 55遺伝子の例
Dr.とらますくのパーフェクト生物 3-2 遺伝情報の発現(発展)
3:47 01動原体,テロメア
1:32 02原核生物のDNA
2:41 03核外DNA
2:27 04ウィルスの染色体
0:42 05DNA合成酵素
3:03 06末端複製問題
6:01 07ビードル,テイタムの実験
1:43 08ショウジョウバエ形質の実験
3:50 09ヒトの代謝異常
3:02 10一遺伝子一酵素説,一遺伝子一ポリペプチド説
2:07 11環境変異
0:39 12遺伝的変異
5:05 13染色体突然変異
2:10 14種なしスイカ
2:54 15遺伝子突然変異
3:11 16鎌状赤血球症
3:03 17SNP
1:25 18人為突然変異
2:07 19DNA修復
4:47 20放射線の影響
2:27 21プロモーター,調節タンパク質
2:58 22オペロン説
7:13 23ラクトースオペロン
3:46 24ヒストンの修飾
5:06 25真核生物の転写調節
1:58 26ホルモンによる転写調節
5:13 27RNA干渉
4:18 28がん遺伝子,がん原遺伝子,がん抑制遺伝子
5:41 29トランスポゾン
7:31 30ゲノムインプリンティング
3:18 31組織の培養
3:32 32細胞融合
8:41 33遺伝子組み換え
4:07 34トランスジェニック生物,遺伝子治療
3:44 35GFP
14:23 36遺伝子ノックアウト
5:26 37PCR法
5:20 38電気泳動
4:20 39塩基配列の解析
1:45 40cDNA
5:01 41DNAマイクロアレイ
1:42 42DNA鑑定
Dr.とらますくのパーフェクト生物 4 遺伝
14:01 01遺伝に関する基本用語
3:57 02メンデルの法則
2:13 03遺伝学習の心構え
13:37 04一遺伝子雑種の自家受精
17:14 05一遺伝子雑種の任意交配
7:42 06一遺伝子雑種の練習問題
6:56 07二遺伝子雑種の交配
4:08 08三遺伝子雑種の遺伝
2:09 09n遺伝子雑種の配偶子
1:50 10n遺伝子雑種の遺伝子型
3:07 11検定交雑,もどし交雑
4:19 12遺伝子型推定のパターン
6:58 13遺伝子型推定の練習問題
4:23 14不完全優性
4:51 15致死遺伝子
1:39 16複対立遺伝子
9:32 17不完全優性の練習問題
8:37 18複対立遺伝子の練習問題
5:19 19補足遺伝子
2:55 20条件遺伝子
2:28 21抑制遺伝子
2:42 22被覆遺伝子
2:46 23同義遺伝子
12:53 24遺伝子の働きあいの練習問題
6:46 25完全連鎖
6:58 26不完全連鎖,乗換え,組換え
6:34 27組換え価
2:03 28連鎖の強さと組換え価
5:55 29組換え価と表現型分離比
9:11 30組換えの練習問題1
9:19 31組換えの練習問題2
5:08 32組換えの練習問題3
14:34 33遺伝の発展問題
3:19 34染色体地図
1:57 35三点交雑
3:52 36多重乗換え
6:38 37染色体地図の練習問題
3:04 38性染色体
1:28 39性決定因子
7:37 40伴性遺伝
4:03 41赤緑色覚異常,血友病
4:49 42伴性遺伝の練習問題
2:03 43限性遺伝
9:26 44X染色体不活化
3:15 45胚乳,種皮の遺伝
5:49 46種子の遺伝の練習問題
Dr.とらますくのパーフェクト生物 5 発生
1:36 01精子形成
2:08 02卵形成
2:31 03精子と卵の特徴
1:49 04ウニの配偶子の採取
3:53 05受精
1:53 06体外受精技術
2:43 07発生に関する用語
1:18 08卵割の特徴
6:13 09卵割様式
2:56 10ウニの発生(受精卵~桑実胚)
1:02 11ウニの発生(胞胚)
3:16 12ウニの発生(原腸胚)
2:06 13ウニの発生(幼生)
3:00 14カエルの発生(受精卵~桑実胚)
4:12 15カエルの発生(胞胚~原腸胚)
5:04 16カエルの発生(神経胚)
1:44 17カエルの発生(幼生~成体)
7:00 18カエルの胚葉の分化
4:49 19ヒトの発生
1:04 20前成説,後成説
2:54 21フォークトの実験
3:39 22シュペーマンの交換移植の実験
2:51 23調節卵,モザイク卵
2:03 24体軸の決定
2:31 25シュペーマンの割球分離の実験
2:50 26シュペーマンの原口背唇部の移植実験
1:28 27形成体,誘導
4:37 28誘導の連鎖
5:15 29中胚葉誘導
2:28 30神経誘導のしくみ
2:19 31皮膚分化のしくみ
2:37 32ニワトリの前肢の形成
2:24 33形態形成運動
1:47 34細胞系譜
3:17 35アポトーシス,ネクローシス
1:33 36ショウジョウバエの発生
4:41 37ジョウジョウバエの体節形成
4:11 38ホメオティック遺伝子
1:04 39プラナリアの再生
1:36 40イモリの再生
4:52 41幹細胞
3:15 42老化
4:09 43花の構造
2:58 44花粉形成
2:57 45胚のう形成
3:03 46重複受精
2:37 47花粉管誘引
3:13 48被子植物の発生
1:33 49胚乳,種皮の形成
2:19 50有胚乳種子,無胚乳種子
1:23 51果実
4:28 52ABCモデル
Dr.とらますくのパーフェクト生物 6 生物の体内環境
2:12 01恒常性
1:50 02体液
7:22 03血液
2:06 04組織液,リンパ液
6:11 05骨髄
3:27 06-0脾臓
4:40 06-1(復習)赤血球形態の変化
6:02 06-2(復習)浸透圧
2:48 07循環系
6:19 08ヒトの循環系
2:52 09脊椎動物の心臓
5:11 10血管の構造
3:35 11血圧
5:06 12リンパ系
2:14 13リンパ節,胸腺
4:02 14呼吸色素
2:49 15ヘモグロビン
5:20 16酸素解離曲線
6:00 17酸素解離曲線の問題
4:30 18胎児ヘモグロビン
3:39 19二酸化炭素の運搬
8:16 20血液凝固
2:28 21ゾウリムシの浸透圧調節
4:16 22カニの浸透圧調節
6:09 23魚類の浸透圧調節
1:02 24その他の浸透圧調節
6:28 25腎臓
5:43 26尿生成
1:27 27尿量
1:03 28濃縮率
3:46 29クリアランス
13:48 30イヌリン,クレアチニン
7:48 31腎臓の計算問題
4:47 32肝臓
1:11 33肝臓による血糖調節
2:37 34尿素合成
3:38 35肝臓の機能
1:38 36老廃物の排出
2:54 37窒素排泄物
4:44 38神経
1:25 39神経系
3:23 40ヒトの神経系
4:17 41脳
2:29 42自律神経系
9:00 43交感神経,副交感神経
1:35 44呼吸の調節
5:05 45心臓の自動性
2:11 46心拍の調節
2:36 47レーウィの実験
2:50 48ホルモン
1:48 49外分泌腺,内分泌腺
3:30 50受容体
1:35 51ホルモンの結晶化
15:37 52ヒトのホルモン
1:54 53インスリン
3:35 54レプチン,グレリン
2:56 55インテルメジン
5:05 56視床下部・下垂体系
2:42 57フィードバック
2:46 58糖質コルチコイド,生殖腺ホルモン,成長ホルモン
4:47 59ヒトの体液浸透圧調節
6:47 60性周期
2:38 61生物時計
4:23 62血糖調節
4:37 63糖尿病
5:19 64体温調節
4:49 65無脊椎動物のホルモン
5:39 66免疫
2:22 67食作用
7:19 68自然免疫
3:58 69抗体
3:40 70体液性免疫
1:08 71抗原抗体反応
1:46 72免疫記憶
6:33 73抗体の多様性
4:35 74モノクローナル抗体
3:50 75細胞性免疫
4:15 76MHC
4:22 77自己・非自己
5:58 78アレルギー
2:11 79自己免疫病
9:04 80エイズ
6:12 81ワクチン,血清療法
9:11 82血液型
Dr.とらますくのパーフェクト生物 7 動物の反応と行動
1:02 01刺激
0:49 02興奮
1:14 03-0刺激の受容と反応
4:44 03-1(復習)神経
1:23 04無髄神経,有髄神経
1:59 05ニューロンの種類
6:59 06ニューロンの興奮のしくみ
1:19 07イカの神経
2:51 08全か無かの法則
2:02 09興奮の伝導
0:54 10興奮の伝導速度
2:42 11興奮の伝達
1:50 12神経伝達物質
3:28 13シナプス後電位の加重
2:29 14感覚と受容器
0:39 15適刺激
5:17 16眼の構造
1:06 17視覚の発生
1:16 18明暗調節
2:04 19遠近調節
3:07 20視覚の異常
3:57 21網膜
1:30 22感光のしくみ
2:05 23明順応,暗順応
3:32 24視覚の経路
2:13 25視覚器
7:01 26耳の構造
1:13 27音の伝達経路
2:21 28平衡覚
1:30 29有毛細胞
1:09 30魚類の側線
1:27 31嗅覚
1:36 32味覚
0:51 33皮膚感覚
1:41 34感覚点
1:46 35内部感覚
1:33 36-0管状神経系
1:25 36-1(復習)神経系
1:58 37集中神経系
2:52 38脳の画像検査
3:49 39大脳
3:22 40大脳皮質の働き
1:56 41間脳,中脳,小脳,延髄
3:15 42脊髄
4:05 43脳神経
0:56 44脊髄神経
2:00 45反射の経路
1:59 46反射の例
1:01 47効果器
2:32 48骨格筋の構造
1:13 49筋の収縮
3:45 50筋収縮の過程
2:51 51筋収縮の種類
1:22 52単収縮曲線
1:59 53筋収縮とエネルギー
2:47 54その他の効果器
1:17 55動物の行動
0:35 56定位
1:23 57走性
2:15 58定位のしくみ
1:51 59かぎ刺激
2:42 60イトヨの配偶行動
1:40 61フェロモン
2:53 62ミツバチのダンス
1:00 63行動の周期性
2:13 64周期性のしくみ
1:05 65行動と遺伝子
5:32 66慣れ, 鋭敏化
1:43 67古典的条件づけ
3:01 68オペラント条件づけ
2:34 69刷込み
2:07 70さえずり学習
2:01 71知能行動
Dr.とらますくのパーフェクト生物 8 植物の環境応答
2:37 01植物の運動
1:47 02屈性,傾性
1:45 03植物の成長曲線
1:25 04植物ホルモン
4:23 05ダーウィンの実験
3:18 06ボイセンイエンセン,パールの実験
1:24 07ウェントの実験
2:17 08オーキシン
2:49 09オーキシンの移動
3:20 10オーキシンの働き
1:55 11器官感受性
2:43 12重力屈性
2:03 13頂芽優勢
2:16 14細胞成長のしくみ
3:24 15ジベレリン
1:39 16サイトカイニン
1:16 17アブシシン酸
1:25 18エチレン
1:29 19落葉,落果
1:07 20植物ホルモンの伝達様式
1:03 21光周性
2:54 22限界暗期
1:17 23長日植物,短日植物,中性植物
0:44 24長日処理,短日処理
3:56 25オナモミの花芽形成の実験
2:08 26フロリゲン
1:25 27春化
2:14 28種子の発芽調節
0:55 29種子発芽の条件
2:59 30光発芽種子
2:31 31その他の発芽調節
1:07 32植物における水の重要性
1:05 33植物における水の吸収経路
3:04 34植物における水の吸収,上昇のしくみ
3:01 35気孔の開閉
1:11 36植物の水分調節
3:13 37気孔と環境要因
1:48 38食害に対する植物の防御機構
2:10 39病原菌に対する植物の防御機構
Dr.とらますくのパーフェクト生物 9 植生の多様性と分布
1:45 01環境要因
1:17 02環境における作用
4:41 03光合成速度
0:35 04光合成速度の式
2:04 05陽生植物,陰生植物
1:44 06陽葉,陰葉
0:48 07陽樹,陰樹
2:30 08物質生産
3:10 09層別刈取法
4:16 10生産構造
0:51 11競争
3:28 12生活形
3:40 13植生に関する用語
1:37 14森林の階層構造
3:12 15森林の分類
3:31 16森林の特徴
2:17 17草原の分類
3:09 18日本の草原
0:53 19草原の特徴
2:23 20荒原の分類
1:14 21土壌
1:52 22水界
6:11 23海洋
1:55 24湖沼
2:34 25湖沼の成層構造
1:06 26遷移
2:46 27乾性一次遷移
1:29 28湿性一次遷移
4:13 29遷移の原理
1:26 30二次遷移
1:50 31ギャップ,かく乱
7:00 32世界のバイオーム
4:43 33各バイオームの特徴
1:02 34日本のバイオーム
3:02 35日本のバイオームの分布
2:31 36日本のバイオームの構成種
Dr.とらますくのパーフェクト生物 10 生態系とその保全
1:18 01-0生態系
1:17 01-1(復習)環境における作用
0:49 02作用,反作用
2:19 03相互作用
1:44 04食物連鎖
3:36 05生態ピラミッド
2:34 06生産者
2:55 07消費者
2:37 08各生態系の生産量
3:48 09炭素循環
4:40 10窒素循環
1:04 11エネルギーの流れ
3:07 12エネルギー利用の式
1:48 13大気CO2
3:14 14エコロジカルフットプリント
2:25 15農耕
3:15 16焼き畑農業,砂漠化,都市化
2:04 17光化学スモッグ
2:29 18温室効果
1:54 19オゾン層破壊,酸性雨
4:12 20水質汚濁
3:15 21自然浄化
1:26 22貧栄養湖,富栄養湖
1:46 23赤潮,水の華
2:29 24内分泌かく乱物質
2:05 25土壌汚染
2:54 26生物濃縮
2:40 27外来生物
1:26 28帰化動物,帰化植物
1:11 29外来生物への対策
3:44 30生物多様性
2:04 31中規模かく乱説
1:21 32絶滅
4:04 33絶滅の過程
2:30 34キーストーン種
4:08 35生態系の保全
Dr.とらますくのパーフェクト生物 11 個体群と生物群集
1:21 01個体群,生物群集,生態系
1:13 02生物の環境適応
3:17 03適応の法則
0:32 04個体群密度
2:54 05個体群の測定法
0:57 06個体の分布様式
1:46 07メタ個体群
1:37 08個体群の成長
0:44 09密度効果
1:48 10相変異
1:49 11生命表
2:36 12生存曲線
2:01 13年齢ピラミッド
2:02 14個体群密度の変動
2:37 15群れ,協同
3:52 16縄張り
2:18 17つがい関係
3:34 18順位制
3:20 19社会性昆虫
8:49 20利他的行動
1:04 21種内競争
2:56 22食う食われるの関係
1:48 23被食者と捕食者の周期的変動
1:15 24間接効果
2:38 25生態的地位,生態的同位種
3:11 26種間競争,すみわけ,くいわけ
4:20 27共生,寄生
3:52 28その他の種間関係
Dr.とらますくのパーフェクト生物 12 生物の起源と進化
1:36 01原始地球の環境
1:02 02化学進化
1:48 03ミラーの実験
4:29 04コアセルベート,RNAワールド,DNAワールド
4:25 05地質時代
5:46 06先カンブリア時代
2:30 07古生代の生物
4:24 08古生代における動物のイベント
3:21 09古生代における植物のイベント
2:11 10中生代における動物のイベント
1:10 11中生代における植物のイベント
2:14 12新生代における動物のイベント
2:30 13新生代における植物のイベント
5:30 14ヒトの進化
3:55 15霊長類および人類の特徴
1:42 16示準化石,示相化石
1:59 17中間の化石
1:47 18系統化石
2:34 19発生反復説
0:49 20発生から示唆される進化
3:45 21相同器官,相似器官,痕跡器官
2:48 22大陸移動説
4:11 23中間型生物,生きている化石
2:50 24分子レベルにおける進化の事実
6:36 25分子時計の問題
5:53 26進化説
1:40 27総合説
2:35 28遺伝子構成が変化しない集団
3:04 29ハーディ・ワインベルグの法則
5:53 30集団遺伝学の問題
3:10 31自然選択
2:41 32適応放散,収束進化
4:41 33遺伝的浮動
2:09 34隔離
1:05 35その他の種分化のしくみ
1:31 36エボ・デボ
Dr.とらますくのパーフェクト生物 13 生物の系統
1:24 01種,系統樹
1:32 02系統の推定法
1:37 03分類の階級
2:00 04二名法
7:19 05発生様式による系統樹
1:03 06二界説,三界説
2:26 07五界説
1:22 08三ドメイン説
5:03 09原核生物
5:13 10原生生物
1:32 11細胞性粘菌
3:01 12コケ植物,シダ植物
2:47 13種子植物
2:52 14菌類
5:59 15生活環
11:09 16各植物の生活環
2:16 17三胚葉が分化しない動物
1:30 18原体腔をもつ旧口動物
3:27 19真体腔をもつ旧口動物
1:58 20真体腔をもつ新口動物
2:16 21脊椎動物の特徴
講座一覧
8:4601科学的研究
5:1302顕微鏡の種類
2:4203分解能
3:1304分解能の理論
2:0405電子顕微鏡
6:0506ミクロメーター
4:3807顕微鏡の操作
2:0808固定
4:4809染色
2:2610生物の多様性
4:1011生物の共通性と連続性
2:4412生物の共通性
2:3913無生物
2:1014生物の進化
2:2215系統樹
3:5116進化のしくみ
4:2117細胞
3:1518細胞の例
3:0019細胞の大きさ
5:3720単細胞生物
2:3821単細胞生物の細胞小器官
4:0022多細胞生物
2:5823細胞群体
1:5324生体の構成元素
0:4625細胞の化学組成
3:1526水の特徴
2:0927アミノ酸とペプチド結合
3:1528ポリペプチドの立体構造
1:5229タンパク質の変性
1:3030必須アミノ酸
2:0331分子シャペロン
3:4232質量分析法
3:3133炭水化物
5:0134脂質
3:3935無機塩類
2:3636原核細胞と真核細胞
2:4537原核細胞と真核細胞の比較
2:2838原核生物
3:1239古細菌と細菌
3:1940植物細胞と動物細胞
4:0241膜構造
18:4842細胞の構成要素
2:4143アメーバの実験
5:3444カサノリの実験
1:2045細胞壁の除去
5:2446細胞小器官の分離
6:0247浸透圧
4:4048赤血球形態の変化
8:2449植物細胞における力のつり合い
8:3750植物細胞における力のつり合いのグラフ
2:0051原形質分離
2:5952選択的透過性
1:4553受動輸送,能動輸送
1:4354受動輸送
2:3155能動輸送
4:2556ナトリウムポンプ
1:4357エンドサイトーシス,エキソサイトーシス
2:0658細胞骨格
1:1159原核細胞の細胞骨格
3:3060細胞の情報伝達
2:0561細胞接着
4:2762細胞間結合
1:2863動物のからだ
1:5364動物の組織
3:2465上皮組織
3:4166結合組織
3:2767筋組織
2:5168神経組織
1:3769皮膚
5:0570小腸
3:4971動物の器官系
2:1072植物のからだ
4:3973分裂組織
7:3074植物の組織系
3:4975双子葉植物の横断面
2:2276単子葉植物の横断面
2:1977双子葉植物,単子葉植物の特徴
3:4178植物の器官
5:5979葉,根,茎の断面
2:0080分化した植物細胞

Dr.とらますくのパーフェクト生物 3-1 遺伝情報の発現(基礎) 55コマ

生物 約3時間02分

3-1 遺伝情報の発現(基礎)

1:3601精子形成
2:0802卵形成
2:3103精子と卵の特徴
1:4904ウニの配偶子の採取
3:5305受精
1:5306体外受精技術
2:4307発生に関する用語
1:1808卵割の特徴
6:1309卵割様式
2:5610ウニの発生(受精卵~桑実胚)
1:0211ウニの発生(胞胚)
3:1612ウニの発生(原腸胚)
2:0613ウニの発生(幼生)
3:0014カエルの発生(受精卵~桑実胚)
4:1215カエルの発生(胞胚~原腸胚)
5:0416カエルの発生(神経胚)
1:4417カエルの発生(幼生~成体)
7:0018カエルの胚葉の分化
4:4919ヒトの発生
1:0420前成説,後成説
2:5421フォークトの実験
3:3922シュペーマンの交換移植の実験
2:5123調節卵,モザイク卵
2:0324体軸の決定
2:3125シュペーマンの割球分離の実験
2:5026シュペーマンの原口背唇部の移植実験
1:2827形成体,誘導
4:3728誘導の連鎖
5:1529中胚葉誘導
2:2830神経誘導のしくみ
2:1931皮膚分化のしくみ
2:3732ニワトリの前肢の形成
2:2433形態形成運動
1:4734細胞系譜
3:1735アポトーシス,ネクローシス
1:3336ショウジョウバエの発生
4:4137ジョウジョウバエの体節形成
4:1138ホメオティック遺伝子
1:0439プラナリアの再生
1:3640イモリの再生
4:5241幹細胞
3:1542老化
4:0943花の構造
2:5844花粉形成
2:5745胚のう形成
3:0346重複受精
2:3747花粉管誘引
3:1348被子植物の発生
1:3349胚乳,種皮の形成
2:1950有胚乳種子,無胚乳種子
1:2351果実
4:2852ABCモデル
2:1201恒常性
1:5002体液
7:2203血液
2:0604組織液,リンパ液
6:1105骨髄
3:2706-0脾臓
4:4006-1(復習)赤血球形態の変化
6:0206-2(復習)浸透圧
2:4807循環系
6:1908ヒトの循環系
2:5209脊椎動物の心臓
5:1110血管の構造
3:3511血圧
5:0612リンパ系
2:1413リンパ節,胸腺
4:0214呼吸色素
2:4915ヘモグロビン
5:2016酸素解離曲線
6:0017酸素解離曲線の問題
4:3018胎児ヘモグロビン
3:3919二酸化炭素の運搬
8:1620血液凝固
2:2821ゾウリムシの浸透圧調節
4:1622カニの浸透圧調節
6:0923魚類の浸透圧調節
1:0224その他の浸透圧調節
6:2825腎臓
5:4326尿生成
1:2727尿量
1:0328濃縮率
3:4629クリアランス
13:4830イヌリン,クレアチニン
7:4831腎臓の計算問題
4:4732肝臓
1:1133肝臓による血糖調節
2:3734尿素合成
3:3835肝臓の機能
1:3836老廃物の排出
2:5437窒素排泄物
4:4438神経
1:2539神経系
3:2340ヒトの神経系
4:1741脳
2:2942自律神経系
9:0043交感神経,副交感神経
1:3544呼吸の調節
5:0545心臓の自動性
2:1146心拍の調節
2:3647レーウィの実験
2:5048ホルモン
1:4849外分泌腺,内分泌腺
3:3050受容体
1:3551ホルモンの結晶化
15:3752ヒトのホルモン
1:5453インスリン
3:3554レプチン,グレリン
2:5655インテルメジン
5:0556視床下部・下垂体系
2:4257フィードバック
2:4658糖質コルチコイド,生殖腺ホルモン,成長ホルモン
4:4759ヒトの体液浸透圧調節
6:4760性周期
2:3861生物時計
4:2362血糖調節
4:3763糖尿病
5:1964体温調節
4:4965無脊椎動物のホルモン
5:3966免疫
2:2267食作用
7:1968自然免疫
3:5869抗体
3:4070体液性免疫
1:0871抗原抗体反応
1:4672免疫記憶
6:3373抗体の多様性
4:3574モノクローナル抗体
3:5075細胞性免疫
4:1576MHC
4:2277自己・非自己
5:5878アレルギー
2:1179自己免疫病
9:0480エイズ
6:1281ワクチン,血清療法
9:1182血液型

Dr.とらますくのパーフェクト生物 7 動物の反応と行動 73コマ

生物 約2時間45分

7 動物の反応と行動

1:0201刺激
0:4902興奮
1:1403-0刺激の受容と反応
4:4403-1(復習)神経
1:2304無髄神経,有髄神経
1:5905ニューロンの種類
6:5906ニューロンの興奮のしくみ
1:1907イカの神経
2:5108全か無かの法則
2:0209興奮の伝導
0:5410興奮の伝導速度
2:4211興奮の伝達
1:5012神経伝達物質
3:2813シナプス後電位の加重
2:2914感覚と受容器
0:3915適刺激
5:1716眼の構造
1:0617視覚の発生
1:1618明暗調節
2:0419遠近調節
3:0720視覚の異常
3:5721網膜
1:3022感光のしくみ
2:0523明順応,暗順応
3:3224視覚の経路
2:1325視覚器
7:0126耳の構造
1:1327音の伝達経路
2:2128平衡覚
1:3029有毛細胞
1:0930魚類の側線
1:2731嗅覚
1:3632味覚
0:5133皮膚感覚
1:4134感覚点
1:4635内部感覚
1:3336-0管状神経系
1:2536-1(復習)神経系
1:5837集中神経系
2:5238脳の画像検査
3:4939大脳
3:2240大脳皮質の働き
1:5641間脳,中脳,小脳,延髄
3:1542脊髄
4:0543脳神経
0:5644脊髄神経
2:0045反射の経路
1:5946反射の例
1:0147効果器
2:3248骨格筋の構造
1:1349筋の収縮
3:4550筋収縮の過程
2:5151筋収縮の種類
1:2252単収縮曲線
1:5953筋収縮とエネルギー
2:4754その他の効果器
1:1755動物の行動
0:3556定位
1:2357走性
2:1558定位のしくみ
1:5159かぎ刺激
2:4260イトヨの配偶行動
1:4061フェロモン
2:5362ミツバチのダンス
1:0063行動の周期性
2:1364周期性のしくみ
1:0565行動と遺伝子
5:3266慣れ, 鋭敏化
1:4367古典的条件づけ
3:0168オペラント条件づけ
2:3469刷込み
2:0770さえずり学習
2:0171知能行動
このカテゴリのすべての講座を探す
2016-10-04 1コマ追加
2016-09-24 21コマ追加
2016-09-23 35コマ追加
2016-09-22 28コマ追加
2016-09-21 36コマ追加
2016-09-20 36コマ追加
2016-09-19 39コマ追加
2016-09-18 73コマ追加
2016-09-17 84コマ追加
2016-09-16 52コマ追加
2016-09-15 45コマ追加
2016-09-14 42コマ追加
2016-09-13 55コマ追加
2016-09-12 38コマ追加
2016-09-11 54コマ追加
2016-09-10 82コマ追加

とらますく講師に関するより詳細な情報は、ホームページやYoutubeチャンネルを是非ご参照ください(下記URLからどうぞ!)。

とらますく講師は、「生物」のみならず「英語」でも超強力なコンテンツを展開しています。その名も「SOEL(Sentence Oriented English Learning)」
例文千本ノックの中で、中学・高校6年間分の英語学習に相当する文法・構文、そして重要単語・熟語5000個以上を「4 in 1」の形式で一挙に網羅学習が可能な、まさに史上最強の英語学習ツールです。
付け焼刃でない真の英語の実力をつけたい者、英語資格ハイスコアを目指す者にとってのゴールドスタンダードとして活用しましょう。

また、代表著作「本当の『勉強法』を知りたくないか?」は、巷に溢れかえる小手先のテクニックにとらわれた‘まやかし’の勉強法とは全く異なり、本当の実力上昇をもたらし、人生スパンで役立つように、とらますく講師の勉強理論の全てを結晶化した渾身の力作になっています。逃さずチェックを!

ホームページ:http://genuinestudy.seesaa.net/

Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCKHQBRZMeo7xqnqFl0EhSRQ/

Twitter:https://twitter.com/Dr_ToraMask

仕事を依頼する

※承認制です。(事務局が承認すると公開されます)

2017-06-23 21:30:07
私はとらますく先生の板書が非常にわかりやすかったので、以前の動画も閲覧できるとありがたいです。
2017-06-18 21:02:46
一項目ごとに講義が分割されているので見やすいです。欲を言えば字がもう少し大きいとよいです。